みんなの脱毛方法「お腹・胸・おへそ周りの編」

身体の前面、お腹・胸・おへそ周りは、広範囲です。
だいたい胸と呼ばれる範囲は、鎖骨の下からアンダーバスト辺りまでのことをいいます。
後はおへそ周り以外をお腹の範囲として考えるといいと思います。

全身脱毛でちょっと注意したい点は、胸は特に乳輪周りを分けて施術するので、
脱毛する時には胸全体なのか、乳輪周りなのか、両方ともなのかを必ず伝えましょう。

胸の脱毛は、ウエディングドレスを着る時などに多く施術するようです。
この場合、ノースリーブのドレスを着るため、二の腕の脱毛も合わせてする人が
けっこういます。

乳輪周りは、特にデリケートなので、プロに施術してもらった方が安心です。
黒色に反応して脱毛するレーザー脱毛法は、特に技術的に高いクオリティーが
求められるので、医療機関でもあるクリニックの方が安心です。
胸の脱毛をすると、どんなに襟ぐりの大きな服でも堂々と着られますね。

お腹やおへそ周りは、普段はあまり気になりませんが、
夏になってビキニを着る季節になると、どうしても処理をしておきたいところです。
お腹の脱毛は産毛程度なら痛みも少なく、3回くらいで完了します。

おへそ周りのムダ毛は、毛質にもよりますが、
それほどの痛みは伴わない部位といってもいいでしょう。
ただ、下着などで擦れたり、ムレたりして刺激を与えてしまうこともあるので、
アフターケアーはしっかりしておくことが大切です。

ついつい手が届く場所なので、自分でカミソリなどで
手軽に処理しがちな場所でもあります。
でも、何度もカミソリを当てているとどうしても肌が荒れてきて、
黒ずみの原因にもなってしまいます。

関連コンテンツ

ページの先頭へ戻る